大阪・豊中の中垣歯科医院

  • 岡町駅 徒歩10分
  • 駐車場あり

大阪の入れ歯・義歯で評判の歯医者・歯科|大阪入れ歯治療センター

ご予約・お問い合わせはこちら 06-6841-8217

平日
9時~13時 / 15時~19時
土曜
9時~12時 / 13時~17時
[休診日]
木・日・祝祭日

コラムCOLUMN

はずした入れ歯の正しい保管方法

2017.01.02

はずした入れ歯は綺麗な状態ではないために、

保管をする前に綺麗に洗浄をすることが重要となります。

 

十分に清潔にした後に保管をするようにしなければいけません。

特に長期間の保管の場合には残しておくことで

付着して落ちにくくなってしまうこともあるために、綺麗にしてから保管をしておくようにします。

入れ歯はピッタリ付けられるというのが重要であるので、

少しの変形などでも絶対に避ける必要があります。

 

これには保管の際には乾燥をしない状態にする必要があります。

 

そのために綺麗にした後でも水に浸けるなどをして保管することが重要となります。

この場合は水を使ったり、浸け置きが出来る洗浄液の中に入れるということも大切であるので、

保管の際には乾燥対策が必要となってくるのです。

 

この乾燥をしないようにするというのは、一部だけが浸かっているのではなく、

全体がきっちりと浸かっているようにすることも重要となってくるので、十分な水や洗浄液に浸しておくようにします。

しかし中には何日間か装着せずに保管をする場合がありますが、

そういった場合には水などは毎日取り換えるなど、

常に清潔な状態に保ったまま保管をする必要があります。

 

この場合でもあまりにも長くなってしまうというのは避ける必要があり、

一定期間は装着をすることが必要となってくるので、

長く保管をしなくてはいけない場合には注意しておかなければいけません。

はずした入れ歯の保管方法は清潔にしておき、乾燥をしないということが保管には重要となります。

pagetop